旅行、車、手頃に安く手軽に洗車、オイル交換などメンテナンス、コーティング、バイクにツーリング、独自のメンテナンスなど紹介!

自分の趣味である旅行や車やバイク、車、バイクでのツーリングなど洗車・コーティング掛けなどを紹介して行こうと思います。コーティングなどメンテナンスは、お金をかけて出来ない上に自分でやる事に楽しさを感じるので、安くかつ、手軽にお得に出来るように日々精進してます。このブログではそういった自己流のオススメの方法など紹介して行ければと思っています。よろしくお願い申し上げます。

洗車 コーティング材 一押しオートグリムエクストラグロスプロテクション などの所有物の紹介

私の洗車グッズを自分勝手に紹介します。

まだ、未使用・しっかり本格的に使ってはいないものなどありますがこれが一覧です


f:id:ex20gt:20151023145906j:plain

左から順に。

・オートグリム、エクストラグロスプロテクション

・オートグリム・スーパーレジンポリッシュ

・ワコーズ、バリアスコート

・ブリスNEO

・PSコート 艶タイプ

・0ウォーター

これらを使い分けてますが、バリアスコートに至ってはまだ、未使用です。
なので、ワクワクしながら使うその時を待っています。

そして、左から順に使い易くなっていきます。
最後のPSと0ウォーターは洗車した後濡れたボディーに吹きかけ拭いて行くと言う皆さんご存知の通り、お手軽品です。また、左から順に艶々度が下がっていきます。

艶感で言ったら、オートグリムエクストラグロスプロテクションが一番ヌラテカになります。
ですが、こちらは私の中では艶感を増加させるのみのチート品と思っています。
やはり一度、オートグリムスーパーレジンポリッシュで磨いてピカピカにした上からこの、エクストラグロスプロテクションをトップコートとして使用した方が良いかと思います。
使用法を見てみると、スーパーレジンポリッシュを使った後、グロスプロテクションで仕上げろと言うような文言が書いてあるので、仕上げ材のポジションなのでしょう。

なので、私もレジンポリッシュを使わないにしても、ブリスNEOや、PS、0ウォーターなどをやった後に、もう少し艶感が欲しい時はエクストラグロスプロテクションを重ね塗りしています。
そうすると…最初に塗ったお手軽コートの意味が無くなり、寧ろ手間が掛かると言う矛盾が…(笑)
それでも良いんです!それでもこれが一番楽にツヤテカになるやり方だと見つけ出したやり方なので…。

さて、今後はご紹介したツールの私独自のやり方で洗車の度にご紹介します!
因みに、今回はオートグリムの使い方についてでした。

今私が持っているコート材の中で気になるものや、インプレッションが見たい方は、私のエクシーガを実験台にしてご紹介しますので、リクエストを頂けたら実行しますので、コメント下さい。

以上、分りづらい乱文で申し訳ありませんでした。